富士ソフト健康保険組合

制度創設までの流れ

制度創設までの流れは、下記の通りとなります。

これまでの健診や保健指導の取り組みは、健保組合や会社の努力に委ねられていました。
しかし、生活習慣病(不適切な食生活、運動不足、喫煙などで起こる病気)の増加等により医療費は毎年増え続け、
医療保険制度は危機的な状況にあります。
生活習慣病は、国民医療費の約3割を占め、死亡数割合では約6割を占めます。

生活習慣病が重症化した脳・心臓疾患(脳梗塞・心筋梗塞等)は、そのほとんどが肥満からはじまり
その状態が放置されたまま、高血圧や高中性脂肪等のリスクが重なって引き起こされます。

生活習慣病は文字通り、長年の生活習慣のあり方が原因で引き起こされる病気です。
つまり、生活スタイルを改善することで予防可能な病気とも言えるのです。
こうして、国民の健康保持と医療費節減のために、本制度が創設されました。

 

前のページに戻る