富士ソフト健康保険組合

特定健診・特定保健指導について


日本人の生活習慣の変化や高齢者の増加等により、近年、糖尿病等の生活習慣病の有病者・予備群が増加しており、
生活習慣病を原因とする死亡は、全体の約3分の1にものぼると推計されています。

生活習慣病は、一人一人が、バランスの取れた食生活、適度な運動習慣を身に付けることにより予防可能です。
まずは、ご自身の健康状態を毎年確認し、健康づくりにつなげていくことが重要です。1年に一度、特定健診を受診し、
生活習慣の改善が必要な方は、特定保健指導を受けましょう。

※短期人間ドック(40歳以上対象)を受診することで法定健診・特定健診を兼ねることができます。
(下図参照)

受診後は、特定健診の結果から、生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く
期待できる方に対して、専門スタッフ(保健師、管理栄養士など)が生活習慣を見直すサポートをします。

2018年度より第三期特定健康診査・特定保健指導(2018年度~2023年度)が始まります。
「第三期特定健康診査等実施計画」には当健保組合の特定健診及び特定保健指導の具体的な実施方法、目標そして適切かつ有効な実施のために必要な事項を入れて作成いたしました。

制度創設までの流れ

特定健診とは?

特定健診結果に基づく特定保健指導

第三期特定健康診査等実施計画

特定健診  特定保健指導 (リスク)
 
積極的支援
 
動機づけ支援
 
これまでの健診
項目
これからの健診と保健指導
・早期発見
・早期治療
目的
・内臓脂肪型肥満に着目した早期介入
生活習慣が変わるように保健指導を行う
・健診結果の伝達
・一般的な情報提供
内容
・体のつくりと生活習慣との関係を理解
・生活習慣の改善を自ら選択し、行動する

ただ、これも加入者の皆様が健康に関心をもち、特定健診・特定保健指導を受けなければ、 絵に描いたモチになって
しまいます。
まずは健診を受け、体の状態をチェックし、健康について考えるきっかけにしてみませんか。
当健保組合は、健やかな毎日を迎えられる体づくりをこれまで以上に応援します。