富士ソフト健康保険組合

特定健診とは?

特定健診とは、下記の通りとなります。

メタボリックシンドローム※(内臓脂肪症候群)という概念を取り入れ、40歳以上の被保険者・被扶養者が
特定保健指導の対象となるかどうかを判断するための健診です。
特徴は、内臓脂肪蓄積のレベルを測るために腹囲(おへその周り)を測定すること、メタボリックシンドロームに着目して
高脂血症、高血圧、高血糖のリスクを判定する検査項目となっていること等です。
当健保組合の短期人間ドック(40歳以上対象)は、右記特定健診項目を網羅しています。
よって、短期人間ドックを受診することで特定健診を受診したことになります。

メタボリックシンドローム~
内臓脂肪の蓄積により、糖代謝異常(糖尿病)、脂質代謝異常(高脂血症)、高血圧などの動脈硬化の危険因子が
蓄積している状態。

特定健診項目の結果から、その必要度にあったレベルの特定保健指導(動機づけ支援・積極的支援)を行います。
特定健診項目
必須項目 質問表(服薬歴、喫煙歴等)
身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)  
理学的検査(身体診察)
血圧測定  
血液検査  
 ・脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)  
 ・血糖検査(空腹時血糖またはHbA1C)  
 ・肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP)        
尿検査(尿糖、尿蛋白)
詳細な健診の項目 医師が必要と認めた場合に実施  
心電図検査  
眼底検査  
貧血検査(赤血球数、血色素量、ヘマトクリット値)

 

 

前のページに戻る