富士ソフト健康保険組合

平成29年分の確定申告より医療費控除を受ける場合には、領収書の提出の代わりに、「医療費控除の明細書」
の添付が必要となりました。
健保組合発行の『医療費のお知らせ』を利用すると、「医療費控除の明細書」の記入を省略できます。
この場合、領収書の保管も不要となります。
※ただし、医療費のお知らせに記載されていない医療費分は、医療機関からの領収書に基づき作成した「医療費控除の明細書」
 を確定申告書に添付し、それらの領収書を5年間保管する必要があります。
 また、健康保険組合からの給付金や自治体の助成がある場合等、「医療費のお知らせ」に反映されていないものは、加筆修正や
 訂正のうえ申告が必要です。


確定申告(医療費控除)に関するお問合せは税務署にご確認ください。
《国税庁ホームページ》
・医療費を支払ったとき(医療費控除)


「医療費のお知らせ」を利用して医療費控除を受ける方へ

※毎月PepUpより発行している「医療費のお知らせ」は、確定申告の医療費控除申請には利用出来ません。
以下により手続きを行ってください。

1. 紙(書面申告)で医療費控除申請をする場合

健康保険組合が紙で発行した「医療費のお知らせ」の原本を添付してください。
「医療費のお知らせ」は以下情報をメールに記載して申請してください。
件名:医療費のお知らせ発行申請
①保険証記号・番号 ②氏名 ③生年月日 ④送付先住所  健保窓口:mmkenpo@fsi.co.jp

2. 国税電子申告システム(e-Tax)で医療費控除申請をする場合

e-Taxを利用した電子申告する場合、医療費のお知らせ(Pep Up)より医療費通知データ(XML形式)
をダウンロードした後、e-Taxへ医療費通知データをアップロードする方式となります。
ダウンロード方法はコチラ

<注意点>
「医療費のお知らせ」を利用して医療費控除を受ける場合は注意点があります。
 主な注意点を下記Q&Aでご案内しておりますが、ご不明な点はお住まいを管轄する税務署まで
お問い合わせください。


【よくある質問】

Q1 12月に受診した医療費が医療費のお知らせに載っていないのはなぜか?

A1 医療機関から健康保険組合に医療費データが届くまでに3ヶ月以上かかります。
12月分につきましては3月10日(土日祝日の場合は翌営業日)に医療費のお知らせ(Pep Up)
での閲覧が可能となります。
12月分につきましては、医療機関からの領収書に基づいて作成した「医療費控除の明細書」を
確定申告書に追加して添付してください。なお、申告者が作成した「医療費控除の明細書」を添付
した場合には、領収書を5年間保存する必要があります。

Q2 実際の自己負担額と医療費のお知らせに記載されている自己負担額が異なるのはなぜか?

A2 公費負担医療や自治体単独の医療費助成、高額療養費の払い戻しを受けている場合などについては、
これらの実際の自己負担額が医療費のお知らせに反映されませんので、申告者ご自身で、その年中に
実際に負担された額を申告していただくことになります。

Q3 医療費のお知らせ(Pep Up)で印刷した医療費のお知らせを使用して紙で申告しても良いか?

A3 電子的に発行された医療費のお知らせを印刷して、書面申告することはできません。
書面申告する場合には、健保組合が紙で発行した医療費のお知らせの原本を添付するか、医療費控除の
明細書を申告者自身が作成し添付する必要があります。

Q4 今後、医療費のお知らせに記載されている分については、医療機関からの領収書の保存が不要となるのか?

A4 医療費のお知らせを確定申告書に添付した場合、当該医療費のお知らせに記載されている医療費については
法令上、領収書を保存する必要はありません。但し、医療費のお知らせに記載されていない医療費分は、
医療機関からの領収書に基づき作成した「医療費控除の明細書」を確定申告書に添付し、それらの
領収書を5年間保存する必要があります。

Q5 医療費のお知らせに記載されている内容を確認せずにそのまま確定申告に使用できますか?

A5 医療費控除に医療費のお知らせを添付する場合でも、必ずお手持ちの領収書等と確認を行ってください。
相違点がある場合には、ご自身で加筆修正してください。
また、医療費のお知らせに掲載されない申告可能な医療費がある場合や不足等がある場合には、領収書
をもとにご自身で医療費控除の明細書を作成し、ご申告ください。
なお、以下の点については医療費控除の金額と関わりますので、特にご注意ください。
①未掲載情報の有無
医療機関から健保組合への医療費の請求が遅れている場合には、医療費のお知らせへの掲載もその分遅れます。
また、自由診療等保険証を使わずにかかった場合には医療費のお知らせに掲載されません。
②自己負担額の確認
健保組合から(家族)療養費、(家族)出産育児一時金、高額療養費・一部負担還元金等各種給付金
の支給を受けている場合や、自治体の助成がある場合等、医療費のお知らせに記載されている医療費
の額に反映されていないものについては、ご自身で実際に負担した額に訂正のうえ申告が必要です。
自治体独自の医療費助成制度については、各自治体にご照会ください。