富士ソフト健康保険組合

健康保険組合のメリット

健康保険組合のメリットは、下記の通りとなります。


健康保険組合の目的

健康保険組合は、被保険者(社員)と事業主(会社)が保険料を出し合い、本人や家族が病気、けが、出産、死亡などのときに必要な医療や現金を支給して、お互いに生活上の不安を少しでもなくしていこうという目的から生まれた制度です。



健康保険組合とは

健康保険組合は国に代わって保険料の徴収、給付などの健康保険事業を営む公法人です。
このような形を組合管掌健康保険といい、私たちの富士ソフト健康保険組合もこれに該当し ます。
全国に約1400の健保組合があります。健康保険事業の運営主体が健保組合だからこそできるメリットがあります。
これに対し全国健康保険協会が運営する健康保険を協会けんぽといいます。



健保組合だからできること

1.  組合員の状況に応じて自主的な運営ができる

被保険者(社員)や被扶養者(家族)の年齢構成や男女比、疾病の動向に即した保健対策ができ、組合員の状況に応じて自主的な事業運営が行えます。また、被保険者の代表である『互選議員』の意見も反映されますので民主的な事業運営が行えます。


2.  プラスα の給付金「付加給付」を支給できる

法律で決められた『保険給付』(法定給付)に、健保組合の財政状況に応じて「付加給付」を支給できます。


青字は上積みする組合独自の付加給付

給付の種類
協会けんぽ
※法定給付のみ
富士ソフト健康保険組合
※法定給付+付加給付
療養の給付
家族療養費
被保険者・・・3割自己負担
被扶養者・・・3割自己負担
自己負担額から25,000円を
控除した額を還元する。
出産育児一時金
家族出産育児一時金

※産科医療補償制度に
加入した病院で出産した場合
1児につき
420,000円
1児につき
420,000円+50,000円


3.  独自の健康づくり事業が展開できる

充実した各種健康診断による疾病予防事業を始め、健保HPにより情報提供を行っています。

保健指導宣伝・・・被保険者および被扶養者への健康に関する情報提供説明
ホームページの運営 ホームページの更新、公告の公開等行う
医療費のお知らせ等 医療費のお知らせ、給付金の支給決定通知書をPepUpを利用して通知
共同保健指導宣伝 健康保険組合連合会が健康保険に関する啓蒙活動を行う
新生児育児指導
(赤ちゃんとママの配布)
被保険者、被扶養者の出産者を対象に、育児冊子(赤ちゃんとママ)を配布する
後発医薬品の使用促進 後発医薬品(ジェネリック医薬品)の利用の意義を加入者へ浸透させる
医療機関に提示出来るジェネリックシールの配布により使用促進をねらう
PepUpにて該当者へ後発医薬品へ切り替えた場合の差額を通知する



疾病予防・・・被保険者および被扶養者の健康診断費用補助等説明
補助上限額
一般健康診断 34歳以下の被保険者を対象に検診を実施する。
34歳以下の被扶養者の配偶者を対象に検診を実施する。
9,000円
生活習慣病検診 35歳以上39歳以下の被保険者・被扶養者を対象に検診を実施する。
20,500円
人間ドック 40歳以上の被保険者・被扶養者を対象に検診を実施する。
41,000円
婦人科検診
(乳がん・子宮がん検診)
35歳以上の被保険者・被扶養者を対象に検診を実施する。
9,000円
脳検査 50歳以上の被保険者・被扶養者を対象に検診を実施する。
30,000円
常備薬斡旋 加入者へ常備薬の斡旋


4.  財政状況に応じて保険料を自主設定できる

健保組合の『保険料率』は、財政に応じて3%~12%の範囲で自主的に決めることができます。

協会けんぽ全国平均
富士ソフト健康保険組合
一般保険料率(被保険者全員)
10.00%
8.8%
介護保険料率(40歳~64歳の被保険者)
1.57%
1.6%
合計保険料率
11.57%
10.4%